長居東の家

車椅子のご主人が家族と共に快適に過ごせる普通の家

住宅を設計するということは様々なご家族のニーズを形にしていく行為です。
この家は、「車椅子のためのバリアフリー住宅」ですが、それも、諸条件のなかの一つのニーズとして捕らえて、「車椅子のためのバリアフリー住宅」という、一くくりの既成概念に偏らないようにしました。車椅子の動きを一つ一つ確かめながら、動線計画の作業を加えるという考えで設計を進めました。
ひと口に車椅子と言っても身体の状態によって、その動きがかなり違ってきます。右側が麻痺しているのか左側なのかでも、車椅子からの乗り移りの方向が逆になり、また、ものの配置も違ってきます。
いつもサポートしておられる奥様と一つ一つ細かな打ち合わせを重ね、ご主人の動作を逐一確認しながら、ベッドの配置や手摺の位置、方向、洗面台や浴槽の形、水栓の種類、さらに、各部屋の引き戸の開口巾はご主人の乗る車椅子が斜めに入ってもこすらな寸法に設定するなど、実に細々とした寸法確認、デザイン確認といったチェックを積み重ねながら、プランを作成いたしました。そして、その上で「車椅子対応」の処置とみせないよう、普通に感じさせるためのデザイン工夫をしました。

家族の皆が心豊かに暮せる家

車椅子は玄関に置いて、外部用と内部用を乗り換えなければなりません。そのためのスペースの工夫が必要になります。また、昇降用のテーブルリフトは床下に埋め込み、テーブル面に床と同じ玄昌石を貼り、同面に設定し、家族や来客の使用時には一般の住宅となんら変わらないデザインとして、普通に見せるための工夫をいたしました。
細部のデティールまで車椅子のご主人の生活にあわせて動きやすく造った家ですが、家族の皆さんが、いつも楽しく、快適に、そして、心豊かに暮せる家というテーマに沿って、中庭を配し、自然素材に囲まれての暮らしのできる住まいとなるよう、配慮しました。